メタボ

メタボリックシンドロームとは?

 
糖尿病、高血圧、高脂血症などの病気が発病する基盤になっているのが、「肥満」という2文字です。

※普通体重者の白色脂肪組織を走査型電子顕微鏡で見たところ(70~90μmの球形ぶどう状で、その周囲には多くの毛細血管とコラーゲン繊維が存在する)

● 「肥満」とは?
「肥満」とは、単に体重が多いことだけを意味するものではないのです。それは、皮下脂肪や内臓脂肪など、体脂肪が基準よりも増えている状態を指します。
実際には、BMI(Body Mass Index:kg/㎡) がよく使われます。日本肥満学会では、現在、18.5≦BMI≧25を普通体重とし、BMI25以上を「肥満」と表現しております。
BMI=体重(Kg)/身長×身長(m)で求めます。

BMI値
日本肥満学会基準
BMI≦18.5
低体重
18.5≦BMI<25.0
普通体重
25.0≦BMI<30.0
肥満(1度)
30.0≦BMI<35.0
肥満(2度)
35.0≦BMI<40.0
肥満(3度)
40.0≦BMI
肥満(4度)



● BMI25指標の設定根拠は?

これまでの疫学データにより、BMI22前後の人がもっとも病気になりにくく、死亡率も低いことがわかっています。1998年に行われた日本人の肥満研究によれば、BMI25~28の肥満群は、耐糖能異常、2型糖尿病、高血圧、高トリグリセリド血症、高コレステロール血症、低HDLコレステロール血症などを発症する危険率が、普通体重群の2倍になることがわかっています。
肥満の指標となるBMI25は、実はさまざまな疾患の合併率が高まる境界となっているのです。



● 肥満症とは?

BMI25以上で耐糖能障害や脂質代謝異常などの健康障害がある場合には、病気としての肥満と判定され、「肥満症」と診断されます。
日本肥満学会では、肥満になると起こりやすい10種類の健康障害をあげております。

項目
関連して発症する健康障害
耐糖能障害・2型糖尿病
脂質代謝異常 高コレステロール血症(TC)、低HDLコレステロール血症(HDL-C)、高トリグリセリド血症(TG)
高血圧
高尿酸血症・痛風
脂肪肝(NASHを含む)
肝動脈疾患 心筋梗塞・狭心症
脳梗塞 脳血栓症・一過性脳虚血発作
骨・関節疾患 変形性膝関節症・変形性股関節症・変形性脊椎症・腰痛症
睡眠時無呼吸症候群・Pickwick症候群
10
月経異常 量や周期異常・無月経・月経随伴症状の異常



● 脂肪細胞とは?

脂肪細胞の種類

白色脂肪細胞は、生体のいたるところに存在し、皮下脂肪と内臓脂肪に大別できます。皮下脂肪は、下腹部、臀部、大腿や上腕に多く蓄積し、内臓脂肪は文字どうり、胃、腸、心臓などの臓器の周囲に蓄積します。そして、過剰なエネルギーは、白色脂肪細胞として貯蔵し、肥大増加をすることになります。
一方、褐色脂肪細胞は、蓄積した脂肪をエネルギーに換えて消費する細胞といえます。
白色脂肪細胞は、人間が摂取した栄養を細胞質で中性脂肪に合成し、細胞内に蓄えながら肥大していきます。そして100μmぐらいになると、細胞同士が密着して、球形ではなく多面体となります。(とうもろこし状、石垣状という感じ)
この白色脂肪細胞は最大で約130μmまで肥大します。その体積は約1.3倍の3乗である2.2倍になっております。男性の場合、白色脂肪細胞がカラダ全体の約20
%を占めるため、63Kgの普通体重者は、約13Kgの白色脂肪細胞をもっていることになります。先ほどの極限まで肥大すれば、13×2.2=29Kgの白色脂肪細胞ができることになり、体重は、79Kgとなります。これはBMI27に相当しますが、しかし現実にはそれ以上のBMI値の高い方がおりますので、このような方は、さらに肥大できなくなった白色脂肪細胞が、今度は増殖していくことになります。あ~怖い!怖い!

ところで、褐色脂肪細胞は脂肪を熱に変換する脂肪細胞です。例えば、リスやクマなどの冬眠動物は、秋に食事をたくさんして褐色脂肪細胞を増やし、冬眠中はこれを徐々に燃焼しながら体温を維持しているのです。
褐色脂肪細胞は限られた場所にしか存在せず、一般的には背中の肩甲骨の間に多く蓄積されます。また首や腎臓の周囲にも存在します。また、「痩せの大食い」というのは、褐色脂肪細胞を豊富に持っている人かも。少々食べ過ぎてもどんどんエネルギーに変換してくれるわけですね。また、褐色脂肪細胞のまわりには、交感神経が集まっております。これを刺激すれば、痩せられるかも。。
内臓脂肪の蓄積スピードは非常に早く、体重を急激に増やしますが、反面運動療法などで休息に現象するという特徴があります。皮下脂肪は、時間をかけてゆっくりと蓄積され、減量にも時間がかかります。
ということは、今問題となっている内臓脂肪を減らすためには、運動療法や食事療法をしっかり行うことで、比較的たやすく減らすことができるわけです。

さて、今回一番お話ししたかった事は、肥満とインスリン抵抗性の関係です。

インスリン抵抗性とは、ある一定濃度のインスリンが血中に存在していても、その濃度に相当する血糖調節作用が発揮されず、血糖値が上昇する病態のことです。

今、、、コレが非常に多く見うけられます。中高年の当薬局の男性のお客様や患者様は半分以上の方が注意したほうが良いと言えるくらいです!ちなみに、血糖調節作用とは、肝臓での糖新生、筋肉や脂肪細胞への糖の取り込み作用のことです。

血液中にはマクロファージという異物をお掃除する細胞がありますが、本来の役目ではない作用で、脂肪細胞(特に内臓脂肪)がマクロファージを呼びよせてしまうのです。(同時にマスト細胞も浸潤している)なぜこれがいけないかというと、これにより脂肪細胞が影響を受けインスリンの作用が発揮できなくなってしまうのです。(細かく言うと、TNF-αやレジスチンというサイトカインがインスリン抵抗性を引き起こしています。またアンジオテンシノーゲンは、アンジオテンシン系を賦活して血圧を上昇させます。)

また、血糖値が高い(タイプがありますが)ということで、高脂血症となっている方へ無理にインスリンを出させるようなお薬を長期にわたり漫然と服用することで、高インスリン血症という病態が起こる可能性があります。この病態も、体脂肪を蓄積させてしまう原因考えられております。(誤解がない様、インスリンを出させるようなお薬が良くないと行っているのではありませんのでご注意を!お薬にはいろいろなタイプがあり、その時により最適な組み合わせが選択されます。)糖尿病は動脈硬化性疾患の危険因子であるということが国内外の多くの研究で証明されております。またLDLの中でも酸化LDLが特に動脈硬化を起こしているようで、抗酸化作用を持つ食事(ビタミンE・ビタミンC・カロテノイド・ポリフェノールを含む赤ワイン・ココア・お茶など)をいかに上手に食事療法にとりいれるかが重要です。

メタボリックシンドロームの診断基準



この中で女性のウエスト径が90cmというのは、まだ確定されている確実な根拠は無いそうで変動するかもしれません。もし女性の方で、この数値を超えているようでしたら、即刻減量するべきです。(女性の方はもともと体脂肪が蓄積しにくいそうで、腹まわり90cmという方はあまりいないはずです。あなた・・でしたらゴメン!なさい。)

LDL-C = TC - (HDL-C) - TG/5

・ TG/5 は、VLDL粒子中のコレステロールを意味します。

このLDL-C(LDLコレステロール)は、空腹時のTG(トリグリセリド)が400mg/dl以上の場合には、血清中にカイロミクロン(血清脂質中の巨大なリポ蛋白粒子。血清脂質のような油はもともと水である血液中に蛋白質と一緒になってリポ蛋白として存在する。)が残留している為上記の式は成立しません。TC(総コレステロール)

LDL-C以外の危険因子として、「加齢:男性45才以上、女性55才以上」、「高血圧」、「糖尿病(耐糖能異常を含む)」、「喫煙」、「肝動脈疾患の家族歴」、「低HDL-C血症(40mg/dl未満」があります。これらを加味して、各種血清脂質の値を管理目標値として定めているものに、日本動脈硬化学会のガイドラインがあります。
ちなみに米国のほうが各種血清脂質の管理目標値が日本よりも10ほど低いそうです。それだけいかに欧米食がメタボリックシンドロームの要因となっている事が理解できますね。(ガイドラインについて自分の数値が心配であれば、お医者さんや薬剤師さんへ質問して見ましょう。)

結論として、メタボリックシンドロームとは、その原因が相互に相乗的に影響し、倍々となって上記の「関連して発症する健康障害」を引き起こしているという病態です。
痛みなどのように自覚症状を伴わないまま進行しているかもしれませんので、どうぞご注意下さい。
肥満(高脂血症)・高血糖・高血圧の1つでもあれば、その他の病気も助長させているといことなのです。さらに喫煙や生活環境も重要な要素となっているのはもちろんでゲス。。。

ピックアップ記事

  1. ★TND管理薬剤師のつぶやき-NO.3
  2. ★隅田川花火大会2016年
  3. 送料について、全面改定をさせていただきましたm( _ )m
  4. ★TND管理薬剤師のつぶやき-NO.4
  5. セルフメディケーション税制(医療費控除の特例)に対する取組み(表示完了)

関連記事

  1. 赤福

    お客さまへの連絡

    年内の注文受付は、 28日 を最終とさせていただきます♫

    今年も当サイトをご愛顧いただきまして、誠にありがとうございました。…

  2. じゃばらまる

    おすすめ健康情報

    夏場の水分補給過多には、食物繊維も一緒に摂りましょう

    ベストールファイバー「分包」は、人のからだに理想的な植物繊維(…

  3. 安木駅構内にて安木節人形
  4. お客さまへの連絡

    問診ページに 画像アップ機能 を設けました。

    問診の必要な商品を購入したときに、お客さま側で、オンラ…

  5. 長崎バイオパーク-リスザル

    お客さまへの連絡

    2019年10月18日(金)11:23 ~ クレジット決済ができない又は利用しづらい状況

    ペイジェント(クレジット決済代行会社) サービスカウンター からの連絡…

  6. トップへ行こうか!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

タグクラウドから検索(only BlogSite)

active site AppleStore coineyペイジ C型慢性肝炎治療薬 Google GW iCloud LABA LAMA OTC医薬品 PCI DSS penicillin-binding protein PMDA RECOMMEND SARS-CoV-2 SSL お休み お届け日 お振込先 お正月 お薬と授乳 お薬手帳 お買得 ご利用規約 しょうが しわ すみだ たるみ つぶやき ゆるキャラ アニオンギャップ アルコール アンチエイジング インフルエンザ オセルタミビル オピオイド オンライン請求 オーソライズドジェネリック(AG) キャッシュレス・消費者還元事業 キャンペーン クレジット クレジットカード クーポン ゴールデンウィーク サイト機能アップ ジェネリック ジペプチド ストレス スマフォ セキュリティ セルフメディケーション税制 タイムセール チャット ツツガムシ トランスポーター ドーピング ビール ピボキシル基 プリンター プリン体 ペイジェント ペプチドグリカン ページ修正 ポイント ポイント還元 マダニ メタボ メンテナンス報告 メールが来ない リケッチア レコメンド 不具合 人間と機械 代謝酵素 低カルニチン血症 低血糖 使用上の注意 保険調剤 個別の情報提供 値上 値上げ 健康食品 偽性高クロール血症 処方せん 処方せんスマフォ 処方せん送信 処方権 副作用 助成 動脈血酸素分圧(PaO2) 動脈血酸素飽和度(SaO2) 動脈血酸素飽和度(SpO2) 化学構造式 医療費 医薬品情報管理 吸入薬 回答遅延 在宅 在庫状況 在庫終了 地図 地震 基本骨格 場所 夏季休業 夏期休業 外国人名 大豆イソフラボン 女性ホルモン 帳簿 年末年始 患者さま 手洗い 改正薬事法 改訂 整腸 新型コロナウイルス 新年 更年期 更年期障害 月齢とヒト 東京スカイツリー 欠品の入荷 水分摂取 注射薬 消費税 焼き生姜 特定商取引 生姜 生薬 疑義紹介 発送のお休み 相互作用 禁止物質 税控除 糖尿病 緩和ケア 脆弱性 腸内フローラ 腸内細菌叢 薬剤師 薬局 血糖値 血糖測定器 訪問薬剤管理指導 調剤権 軽減税率 送料 連休前の配送 過敏性腸症候群 適正使用 遺伝子 配送の遅延 隅田川花火大会 障害 電子版お薬手帳 食物繊維 高血圧 麻薬

WP Cumulus Flash tag cloud by Roy Tanck and Luke Morton requires Flash Player 9 or better.

カテゴリー

最近の投稿

  1. 当薬局のココとシロ

    お客さまへの連絡

    大阪府北部の地震の影響で関西地区への配送が遅れる可能性があります。
  2. お客さまへの連絡

    アレグラFXなどの 第1類医薬品 をオンライン購入する予定のお客さまへの注意事項…
  3. 全般

    歯医者さんでファンギゾンシロップ記載の処方せん
  4. 全般

    ★ご自分がどんな体質なのかを遺伝子レベルで想像してみようというお話
  5. おすすめ健康情報

    野山に出かけるときはダニに注意しましょう! 効能・効果に「ツツガムシの忌避」と記…
PAGE TOP